東京コンプレックス・諦めない人の夢戦略経営ブログ

2007年11月21日

イメージ写真が多いホームページは、お客を逃す。

ご訪問ありがとうございます。

なぜか、つかめてないな!と思える
ホームページでは、イメージ写真が目立っている。

理由は、よくわからないが、イメージ写真がページに占める
面積が広い。さらに、一番 目につくページの上の方に、
デーンと場所をとっている。

写真と言うのは、見た目のインパクトはあるが、
つかみ力と言う点では、文字よりも弱い。

なぜなら、人間の脳は、いろいろな情報をいろいろな形で
取り込むが、意識の上では、すべて言葉に置き換えられて
処理されて「わかる」という状態になるからだと思う。

なので、人をつかむには、あいまいな写真より、
コトバのほうがてっとりばやいと結論ついてしまう。

写真を見た人に写真を見せ、何かを「わかってもらう」ためには
かなりの訓練が思う以上に必要なんだと思います。

私自身は、到底ムリだと判断しているので伝わりづらい
写真を駆使するよりも、文字を操る方が得策と考えています。
(もちろん、製品写真は必要だと思っていますよ。
 ここで言っているのは、イメージ写真のことです)

文字ならまどろっこしいことはないし。
目にしたときにすでに文字だから、日本語としての
意味さえきちんと通っていれば、目にした瞬間に「わかる」。

「お客をつかむ」とは、言い換えれば、「自分のホームページ
で何を訴えたいか、瞬時にわかってもらう」ことだと思います。

言葉に変換しにくい、あいまいな画像情報では誰も
「つかめない」のです。

ホームページで、人のココロをつかむには、目立つ場所に、
がっちりとつかむ=キャッチフレーズを置くべきだと思います。



ラベル:SEO ホームページ
この記事へのコメント
イソジンさん おはようございます。

<「自分のホームページで何を訴えたいか、瞬時にわかってもらう」こと>
そうですよね。
シンプルに考えれば良いのですよね。
とかくイメージばかりが先行しているような・・?一体何をしているのかよく分からないというHPもありますよね。

分かり易さもキーワードかな?

今HPリニューアル思考中なので、すっごく
参考になりました!!

Posted by masami at 2007年11月21日 10:36
masamiさん、こんばんは♪

HP制作は楽しさと粘り強さが
必要ですよね♪

masamiさんのHPもそう言う風に
変わっていくのか楽しみです。
Posted by イソジン at 2007年11月21日 18:00
こんばんは。

がっちりとつかむ=キャッチフレーズを置くべきだ>そうなんですよね。どこにでもありふれたものでは、見る人も退屈しちゃうだろうし…「ココロをつかむ」ホームページ、試行錯誤中です…。

応・援!
Posted by zero at 2007年11月21日 23:14
おぉ〜(^_^;)
今日は半日商品写真の撮影をしておりました〜。
写真も大切だけど、イメージの売りすぎも注意かぁ。

確かに・・・。

トップページのフラッシュはイメージに近いかも・・・(-_-メ)
つかみももちろん、ズバッと入れましたが(笑)

HPは、きっと解析しながら修正を重ねるのがいいのかも知れませんね(*^_^*)

Posted by lisho at 2007年11月22日 01:49
zeroさん、おはよん。

そうなんですよ。
格好良すぎるHPは、要注意!?

技術だけが先行してしまうと
販売サイトにおいては
「人間味」が失われる可能性が
あるんですよね。

だから、アクセスのターゲットは
購入につながるものでなくては
いけないんですよね。
Posted by イソジン at 2007年11月22日 04:49
lishoさん、おはよん♪

>今日は半日商品写真の撮影をしておりました〜。

私は、まだそこまで行ってませんでした。

画像に関してはまだまだ、勉強しなくては
いけないのですが、かなりの品目があるので
効率よくどこまで精度を上げれれるか?が
私たちの課題です。

フラッシュも効果的に使いたいですよねぇ~。
Posted by イソジン at 2007年11月22日 04:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。