東京コンプレックス・諦めない人の夢戦略経営ブログ

2007年11月30日

実録:ネットショップ作戦会議!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ただいま、「実録」でネットショップ立ち上げまでの
調査・検討を恥ずかしげもなくブログで公開しています。

わたしたちの販売商品は
↓↓↓
■低刺激なスキンケア製品の販売

(今までの実録)

1)ネットショップ事業内容とメンバー紹介
2)ライバル店の現状調査
3)競合店はどのくらいあるか?結果報告!
4)ブログでの商材人気度を調査せよ!
5)競合店や有名店のサイトでは、こんなところをチェック!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ご訪問ありがとうござます♪

本日は、昨日行なった作戦会議の模様をダイジェストで
記載させてもらいます。

自身の整理用でも使っているブログなので、
話の展開が早い場合はお許しください。


続きを読む
タグ:SEO 会議
posted by イソジン at 14:29| Comment(6) | TrackBack(0) | ■実録:ネットしょっぷ[準備編] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

忘年会シーズンへ突入♪

ご訪問ありがとうございます。

早くも一昨日から”忘年会”が始まりました。
年末にむけ、たたでさえ慌しいのに忘年会での深酒は「やばい」です。

深夜12時までには、帰ってこようとコントロールしてはいるのですが
結局、場の雰囲気を壊すかな?と思ってしまい。。。午前3時!

クワーズBeerから始まりボトルワインは一人3本は空けてる結末。

眠いし、お酒臭いし、家の柴犬に避けられるし。。。。
あまりいい事ないです。

二日酔いはしないタイプみたいで頭痛とムカムカがないだけ
いいんですかね!?

スタッフには、こんなグタグタな私を見て、嫌な顔もせず
「お茶入れてきますか?」「コーヒー持ってきますか?」など
気をつかってもらい・・・ごめん、みんな!

飲んでばかりは、いられないのですが
来月は、月の半分くらい夜の予定が決まってます。

楽しみながらもコントロールしていかないと♪



***************************************************
本日は長時間ミーティング
***************************************************

明日? 本日に時間が経ってました。
本日は制作コンセプト等の長時間の打ち合わせがあります。

ブログで今まで記載してきた内容も含め
整理した100枚以上のレポートに見直しをかけていきます。



自分たちの夢にむかって・・・

お客さまに必要な存在となるために。


タグ:忘年会
posted by イソジン at 03:01| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

競合店や有名店のサイトでは、こんなところをチェックしてみるのだ!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ただいま、「実録」でネットショップ立ち上げまでの
調査・検討を恥ずかしげもなくブログで公開しています。

わたしたちの販売商品は
↓↓↓
■低刺激なスキンケア製品の販売

(今までの実録)

1)ネットショップ事業内容とメンバー紹介
2)ライバル店の現状調査
3)競合店はどのくらいあるか?結果報告!
4)ブログでの商材人気度を調査せよ!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ご訪問ありがとうござます♪

前回までで、おおまかな動向の把握ができた。
次は個々のショップに訪問して、そのショップのセールスポイント、
すぐれている点、お客さん視点で不満な点などを検証しようと思っています。

しかし、検証するにも何かの基準は設けておきたい。
どんな基準にするか迷うところだが、色々な本やネット情報を
整理した上で私は、次のようなチェック項目を用意してみた。


続きを読む

2007年11月25日

指令-02:ブログでの商材人気度を調査せよ!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ただいま、「実録」でネットショップ立ち上げまでの
調査・検討を恥ずかしげもなくブログで公開しています。

わたしたちの販売商品は
↓↓↓
■低刺激なスキンケア製品の販売

(今までの実録)

1)ネットショップ事業内容とメンバー紹介
2)ライバル店の現状調査
3)競合店はどのくらいあるか?結果報告!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ご訪問ありがとうござます♪

前回まで、検索エンジンによる競合店の調査を行いライバルの
多さに圧倒されてしまった私ですが、今回は色々なブログでの
商材対象ジャンルの、にぎわい度合いの調査を行います。

続きを読む

2007年11月23日

指令-01:競合店はどのくらいあるか?結果報告!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ただいま、「実録」でネットショップ立ち上げまでの
調査・検討を恥ずかしげもなくブログで公開しています。

わたしたちの販売商品は
↓↓↓
■低刺激なスキンケア製品の販売

詳しい
スタッフ構成は、こちら。商材内容は、こちらの記事
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


***************************************************
実録:ライバル店の状況はどうなっている?
***************************************************

前回に引き続き調査結果の発表です。

それでは、早速17の分類に分けたキーワードを
Google及びYahoo!でヒットした件数を見ながら
検証してみましょう♪
※Google;Gと略。Yahoo!;Yと略

●検索言語は、「スキンケア 低刺激 XXX 販売」で
 XXX の部分に下の言葉が入ります。

@ニキビ肌     :G( 13,100) < Y(155,000)
A乾燥肌      :G( 83,200) < Y(223,000)
Bアトピー肌    :G( 9,320) < Y(105,000)
C加齢肌      :G( 312) < Y( 80,100)
Dシワ       :G( 53,300) < Y( 98,700)
E美白       :G( 75,000) < Y(148,000)
F敏感肌      :G(106,000) < Y(205,000)
GUV       :G(278,000) > Y(127,000)
H紫外線対策    :G(113,000) > Y(95,300)
Iアンチエイジング :G( 41,400) < Y(107,000)
J保湿       :G(119,000) < Y(208,000)

●検索言語は、「化粧品 低刺激 XXX 販売」で
 XXX の部分に下の言葉が入ります。

Kファンデーション :G( 75,200) > Y( 66,300)
Lメイク下地    :G( 671) > Y( 309)
Mグロス      :G( 35,500) > Y( 1,160)
Nアイカラー    :G( 2,260) > Y( 452)
Oチーク      :G( 33,200) > Y( 3,190)
Pメイク      :G(132,000) > Y(119,000)


●検証するにあたり検索エンジンの特徴を抑えておきます。

検索エンジンには大きく分けて2種類あります。
Yahoo!検索やdmozに代表されるディレクトリー型検索エンジンと、
Googleに代表されるロボット型検索エンジンです。
(2005年10月より、Yahoo!サーチも大幅に変更され、
両者の中間である、ハイブリッド型と言えるかもしれません。)


ロボット型検索エンジンはクローラー(またはスパイダー)と
呼ばれるロボット(ソフトウェア)が自動的に様々なサイトを
巡回し、ウェブページの情報(文字情報)を収集してきて、
それを分類してデーターベース化(インデックス)し、
検索した際に表示させていきます。

トップページのみ表示されるディレクトリー型に比べ、
ロボット型はインデックスされるウェブページが全て
検索対象になるため、ページ単位での検索が可能となります。

一方ディレクトリー型検索エンジンは、
人間が実際にサイトを確認し、サイトにあったカテゴリーに
分類していきます。そのため、ロボット型に比べ、
優良サイトがヒットすることが多く、信頼性は高いといえます。
但し、検索した際は必ずトップページへのリンクが表示される
事となり、このことが逆に圧倒的な情報量と、
各ページを検索できるロボット型に比べ劣る点になっています。

現在のYahoo!はロボット型を積極的に取り入れ、
ページの情報量も増えてきました。
また、Googleもdmozによるディレクトリー型の検索も可能となっているので、
徐々に両者の性格は近付いているのかもしれません。

以上の事を踏まえて考えた場合、
Yahoo!とGoogleがほぼ同等の件数になるとは
私的には予想外でありました。

しかし、国内での検索ページの使用数を見ると、Yahoo!がナンバーワンです。
実際2006年4月での検索エンジン利用統計

1 Yahoo! 日本85%  アメリカ28%
2 Google 日本11%  アメリカ43%
3 msn 日本2%  アメリカ13%

から考えてみると、やはり利用者が多いという点からみても
それ相当の結果となるのでしょうか?

さて、ヒット件数に目をむけると

【上位トップ3】

1位:UV
2位:乾燥肌
3位:保湿

となった。件数が多い市場はそれだけ需要も多いと判断すると
どうも、紫外線が強くなる季節5月からダメージケアの9月、
乾燥しがちな冬の保湿を、ひとつのポイントとしているお店が多いようです。
スキンケア製品の王道のながれではあるもののあなどれない!

UVのお店が多い・・・うちのUV商品では、何か企画でも組むかぁ~



【ワースト3】

1位:メイク下地
2位:アイカラー
3位:チーク

これらの商品は、店のメインで販売しているところは、少ないの
ではないか?と容易に想像はできる。

需要が少ないのか?

女性なら「そんなことないよ!」言うと思うが私も同意見です。
”目力”は、女の武器でもありますよね♪

恐らく、ブランド名を打ち出した売込みを各社とっているのでしょう。
そうすると、ユーザーが使用する言葉でこのワースト3が上位に
あるのであれば、意外と店の戦略として、ここを強く押し出して
行くのも面白いかもしれない。


---------------------------------------------------
ショッピング・モールの同一カテゴリー状況は?
---------------------------------------------------

Yahoo!ショッピング:[スキンケア]781店 [化粧品]1656店

楽天市場:[スキンケア]294店 [化粧品]180店

ビッダーズショッピング:店舗数不明
(参考、化粧品メイクカテゴリー40297アイテム)




次回は、この件数結果を反映させながら
競合店の内部に切り込んでサイト情報を探ります。



posted by イソジン at 16:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ■実録:ネットしょっぷ[準備編] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライバル店の現状調査

ご訪問ありがとうございます♪

***************************************************
実録:ライバル店の状況はどうなっている?
***************************************************

競合店を調べてみることが
ネットショップづくりの大きなヒントになることがあります。

今日は「競合店はどれくらいあるか?」の再調査を行ないます。

---------------------------------------------------
わたしたちのネットショップの商材説明♪
---------------------------------------------------

先に、私達が何を販売しようとしているのか説明します。

簡単なカテゴリー分類でお話しますと

■低刺激なスキンケア製品の販売

キーワード的な言葉としては・・・

スキンケア、化粧品、乾燥肌、低刺激、加齢肌、シワ
美白、アンチエイジング、UV、紫外線対策、メイク、
アトピー、敏感肌、ファンデーション、メイク下地、
グロス、アイカラー、チーク、保湿


以上のような感じになります。

実店舗でトラブル肌の方の悩み・相談を受けているので
その知識を土台にネットに展開できないか?と言うことで
検討しております。(医療機関ベースの実店舗です)

今のところ自社開発商品はなく、商品点数は160くらい。
今後、入れたいな。と思っている商品を混ぜると軽く
200点以上の取扱い商品となります。
ちなみに、ロレアル・ノエビアなどの低刺激ラインとなります。

---------------------------------------------------
指令@:競合店はどのくらいあるか?調査せよ。
---------------------------------------------------

先ほど、あげたキーワードをもとに17の分類をヤフー
グーグルで簡易的に調査をしてみました。

この際、コツとしては3つ以上の関連単語で検索してみる。
また、ショップのTOPページによく使われる言葉、例えば
「販売」「お届け」「いらっしゃいませ」などを合わせて
検索してみる。

更に、一般によく使われる言葉を利用し判断に困る場合は
事前に使用調査をかけてみること。
今回、私は『低刺激』を「刺激がない」あるいは「刺激が
少ない」などの言葉に置き換えるべきか、迷いました。
そこで、グーグルで頻度調査をしてみたところ・・・
※検索ワードは[スキンケア]スペースの後に以下の言葉

・「刺激が少ない」--- 23,700件
・「刺激がない」 --- 17,800件
・「低刺激」   ---403,000件

予想に反し、「低刺激」の利用回数が断然多く、この言葉を採用。



キーワードを分類してみます♪(4つの言葉を使用してみました)

●検索言語は、「スキンケア 低刺激 XXX 販売」で
 XXX の部分に下の言葉が入ります。

@ニキビ肌
A乾燥肌
Bアトピー肌
C加齢肌  
Dシワ
E美白
F敏感肌
GUV
H紫外線対策
Iアンチエイジング
J保湿

●検索言語は、「化粧品 低刺激 XXX 販売」で
 XXX の部分に下の言葉が入ります。

Kファンデーション
Lメイク下地
Mグロス
Nアイカラー
Oチーク
Pメイク


また、長くなってしまっております。
文字数の制限もあるので、次に結果は記載します。






posted by イソジン at 14:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ■実録:ネットしょっぷ[準備編] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

実録:ネットショップ事業進行とメンバー紹介

みなさん、おはようございます。
ご訪問ありがとうございます。

年末にも近づいて来て、みなさんの事業進行は如何ですか?
私は、今年1月から計画検討に入り遅れ気味の状況に
少々、ストレスもありつつ粘り強く「拘り」を具体的に表現できないか
模索しておりました。

私たちのネットショップに係わっているチーム構成メンバーは、
現在5名。(女性3名・男性2名)

このブログの成り立ちも、ミーティングだけでは
伝えられない私の考えていることを他のメンバーに伝えよう。
という趣旨で始まりました。

他のメンバーもHP完成時に相乗効果が生み出せるブログ
を探る上で個々に同じようなブログを展開しています。

現在はブログ検討の第二クールで、
FC2・ジュゲム・ライブドア・SeeSaa・楽天・ヤフーなど
分担して感触をつかんでいるような状況です。

「相乗効果が生み出せるブログ」として私たちが注目している点とは、

●ブログの配置構成(HTML)に自由度があるもの。
●Pingが出来るだけ多く配信できるもの。
●アフィリエイターが活発に活動しているもの。
●購入者のレビュー内容が多く投稿されているもの。
●業務効率を上げる為に、タイマー機能の設置があるもの。
●ブログ・メンテナンスの回数や時間帯。
●読み書き時のブログ自体の重さ。
●ブログ設定の上位ランキングの更新が頻繁に行われているもの。

同業・異業、数店の他店にターゲットを絞り動向調査を行い
更新回数やイベント内容など追跡・分析しています。

勿論、販売者と購入者の意識の壁を取り払う為に
面白そうな物を察知するアンテナは常にビンビンはっていて
購入もしています。アフィリも経験の為に行っていますが、
笑える事に月々5万円はコンスタントに稼げるように
なってしまいました。
もう少し、気合を入れてアフィリエイター専用HPに
しようか?などと言う者まで現れてしまいましたよ。

私たちが考えていた、ブログの相乗効果とは、
当初、HP→ブログの訪問者が多いのかな?
と感じていたのですが、これはある程度、名の知れているお店の
場合で無名や新規のお店に関してはまるっきり逆の傾向、
つまり、お店や人に興味を持って、そこからHPに
訪問という流れが多いようでした。(←コメント追跡)

※他の方の本文も参考になりますが、コメント追跡は
 なかなか、見過ごしがちな情報の宝箱ですよ♪

私たちの打ち合わせでも、よく出る話なのですが、
個人の日記ブログなら訪問者の数だけを意識すれば
モチベーションも上がるけど、訪問した人が購入者に
転換してもらう為にはどのような記事や面白さを
作り出して表現して行けばいいか!?

また、始めから購入目的で訪問してくれている方には
どんな風に楽しんでもらうか?(リピート効果対策)

やはり、初めての方とリピーターの満足の度合いや
求められているもの、期待されているものは違うんだと思うのです。


※私は、このブログでは出来るだけオープンに事業内容等を
 記載していきたと考えています。みなさんのご意見、
 叱咤・激励をいただければ嬉しい限りです。

posted by イソジン at 07:10| Comment(4) | TrackBack(0) | ■実録:ネットしょっぷ[準備編] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

イメージ写真が多いホームページは、お客を逃す。

ご訪問ありがとうございます。

なぜか、つかめてないな!と思える
ホームページでは、イメージ写真が目立っている。

理由は、よくわからないが、イメージ写真がページに占める
面積が広い。さらに、一番 目につくページの上の方に、
デーンと場所をとっている。

写真と言うのは、見た目のインパクトはあるが、
つかみ力と言う点では、文字よりも弱い。

なぜなら、人間の脳は、いろいろな情報をいろいろな形で
取り込むが、意識の上では、すべて言葉に置き換えられて
処理されて「わかる」という状態になるからだと思う。

なので、人をつかむには、あいまいな写真より、
コトバのほうがてっとりばやいと結論ついてしまう。

写真を見た人に写真を見せ、何かを「わかってもらう」ためには
かなりの訓練が思う以上に必要なんだと思います。

私自身は、到底ムリだと判断しているので伝わりづらい
写真を駆使するよりも、文字を操る方が得策と考えています。
(もちろん、製品写真は必要だと思っていますよ。
 ここで言っているのは、イメージ写真のことです)

文字ならまどろっこしいことはないし。
目にしたときにすでに文字だから、日本語としての
意味さえきちんと通っていれば、目にした瞬間に「わかる」。

「お客をつかむ」とは、言い換えれば、「自分のホームページ
で何を訴えたいか、瞬時にわかってもらう」ことだと思います。

言葉に変換しにくい、あいまいな画像情報では誰も
「つかめない」のです。

ホームページで、人のココロをつかむには、目立つ場所に、
がっちりとつかむ=キャッチフレーズを置くべきだと思います。



2007年11月19日

よく検索されているキーワードを調べる

ご訪問ありがとうございます。

今日は、私の愛用プログラムをご紹介します。

「よく検索されているキーワードを調べる」時に

使っているプログラムです。

※あくまでも無料のモノのみをご紹介します。



キーワードを選ぶとき、注意したいのが、
「自分の常識を信じすぎないこと」です。

私は、よく熟知しているから大丈夫!と言う方でも
そのキーワードが

アクセスキーワード  なのか?

コンバージョンキーワード  なのか?

を、もう一度確認した方が良いと思います。

------------------------------------------------------
アクセスキーワード、コンバージョンキーワードの解説をします。

アクセスキーワードとは、
検索されやすく、広告表示されやすいキーワードです。
ネットショップのような具体的に物を購入してもらう為の
キーワードとしては、広義すぎてオススメできないキーワード
となります。

一方、コンバージョンキーワード は、
具体的な銘柄や商品名のようにアクセスキーワードに比べ、
検索数は少ないものの、コンバージョン率が高く購入へと
結びつき易い言葉となります。
------------------------------------------------------

さて、話はもどりますが・・・

いまどんなキーワードが話題になっているかを
ランキング表示させるものがあり、ダイレクトに
検索に結びつくわけではないですが、
流行や日々の傾向は把握できる検索ツールが
下のプログラムです。

1つのメルアドで複数のブログやHPを登録できる
特徴もあります。

テクノラティ

次に、ご紹介する私の愛用プログラムは、
検索数はわからないものの、
よく検索されているキーワードを表示する
タイプの検索サイトです。(簡易型で登録すらしません)

SAGOOL

そして、最後にご紹介するプログラムは、

似たような単語が検索できる

キーワードの同義語、さらに具体的な狭義語、関連語、
そして反義語がわかってしまうのです。

これは、相当使えます♪

シソーラス

いつか、使うときがあれば役立ててくださいね。




仙台は、「雪ん子」も舞わない前に本日は雪です。
すごく、寒いです。皆さん、風邪やインフルには
気をつけてくださいねぇ〜。


posted by イソジン at 14:18| Comment(6) | TrackBack(0) | SEO対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

環境家計簿

ご訪問ありがとうございます。

今日、「日本経済新聞」を読んでいたら
また、面白いものを発見しました。

環境家計簿

その記事のダイジェストですが、

日本は2008〜2012年度に1990年度比で
6%の温暖化ガスの削減をしなければならないのですが
思うようになかなか進んでいない。という内容でした。(京都議定書に基づく)

トヨタ、主要車種を軽量化

  中型で1割目標 燃費3%改善

あの、トヨタですら、ハイブリット以外にも段階的な
取り組みを打ち出し初めてきました。(一面トップ記事)
ガソリン価格の高騰を含め、確かに販売にも影響する事態
とは考えるられるもの、見えない悪魔が私達をジワジワと
蝕んできているんですよね。

話は戻りますが、「環境家計簿」は企業だけではなく
家庭においても環境に貢献している意識を持とう!と言う
取り組みのようです。

このプログラムは環境省提供で
東芝グループでは、個々の家庭レベルで取り組んでいるようです。

みなさんも、宜しければ、ぜひ!

環境家計簿


<あとがき>

何でもかんでも、商売に結びつけるのは、どうかとも思いますが・・・

本日の「日経新聞」トップ8割位が環境をテーマとした内容でした。


東アジア首脳会議において、首相表明で日本は

公害対策を柱に環境支援に2000億円資金を拠出するのです。

「環境分野」に強いと思える経営者のみなさん、
家庭レベルでの取り組みが新しいWAVEを創るかもしれませんよ。
posted by イソジン at 10:29| Comment(6) | TrackBack(0) | ちょっとイイもの発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

アイデアが浮かばないとき・・・どうする?

ご訪問ありがとうございます♪

昨日、おととい、その前と日曜日にBOOKOFFで500円で買った
本を立て続けに3冊もいっきに読み込んでしまい、少々頭が・・・熱いかも!?
(私、結構読むの早いのです)

「今だから語れるロッキード事件の真相」

「ネットビジネス戦力」

その中で、

サイバーエイジェントのCEO:藤田 晋さん、
ブログでいえば「アメブロ」の会社の代表さんの本は
ちょっと、疑問を持ちながら読んでいました。

「渋谷で働く社長の告白」

ベンチャーは、本当に何でもありなんだな〜。と
ある意味尊敬してしまいました。

ブログもあったので興味のある方は ⇒ こちら

ところで、今日はネットを見てたら、
ちょっと、面白いニュースが書かれていたのでご紹介しますね♪

アイデアが浮かばないとき、こんな方法もあります!

↓↓↓

お金を払って“元気玉”を集める方法

genki01.jpg

このサービスは、もともとカヤックの社内で、
行き詰った担当者がメーリングリストに質問を投げて、
ほかの社員からの回答を募ったのがきっかけ。

マンガ『ドラゴンボール』の
孫悟空が「みんな、オラに元気を分けてくれ!」と
求めたように、アイデアや分からないことを
「みんな、オラに教えてくれ」と求める――という感じです。

きっと、質問だけがズラズラと書かれていても、
回答する側も緊張してアイデアも浮かばないですよね。

ここで、うまく運用していると思えるのは
相手方をキャラクターを使いリラックスさせて
いること何だと思うんですよね。

私も会議で、緊張感ありありの空気を変えないといけないな。と
感じてしまいました。(反省↓)

画像:ITmedia
もっと詳しく知りたい方は ⇒ こちらまで 
※一部、yahoo!ニュースから引用
posted by イソジン at 11:36| Comment(8) | TrackBack(0) | ちょっとイイもの発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

誰も教えてくれない「赤福」経営論から学ぶこと

今日も、ご訪問ありがとうございます。

唐突ですが、あなたは「数字」に強い方でしょうか?
それとも、弱い方ですか?

内緒ですけど・・・私。弱い方かもしれません。

経営者たるとも、数字に弱いのは致命傷ですよね。
少しの時間、私と一緒にトレーニングにつき合ってくれませんか?



それでは、今から2問ほど私から質問をさせてもらいます。

あなたなら、どのような答えをだしますか?

[質問-1]

コストを削減したいあなた。AとBどちらがお得でしょうか?
(3秒でお答えください)

A:1000円のものを500円で買う。

B:101万円のものを100万円で買う。





−−−−−答えは、Bです。

私の答えは、「どちらとも言えない」が答えでした。

それでは、少々解説をしてみます。

コスト削減したいと言うことは、いかにお金を使わないで
節約ができるかに尽きます。
実際、事業を行っていると、そんな事は日常茶飯事です。

確かに、値引き率はAが50%、つまり半額なのに対し
Bは、たったの1%弱です。

ですが、これはコストの削減、いかに節約できるかが問題なのです。

「節約」とは、値引きのパーセンテージではなく、
いくら得したのかという金額が優先されるべきなのです。

もう一度AとBを比べてみてください。
Aは500円安くなったのに対し、Bは1万円も安くなっています。

迷わずBでしょう。と答えたくなるのですが、
ここからが、商売のかけ引きなのです。

この問題の不明箇所が隠されているのです。
Aの商品を20個買ったら、いくらの「節約」になるでしょう?

そうです。Bと同額の1万円となるのです。

しかし、20回も50%引きが続くことを期待するのは、
虫がよすぎる。ならば、交渉すれば良いのです。

「1回で20個を購入したいが、支払いは分割にできないか!?」


[質問-2]

ライバル会社が、買い物時に5%を還元するというキャンペーンを
はじめました。これに対抗するために、あなたの会社もキャン
ペーンをすることになりましたが、悲しいことにお金がない。
せいぜい2%還元分の予算しかありません。
もし、あなたが、こんな状況に陥ったらどんな秘策を企画しますか?
(考える時間は、3分です)





−−−−−答えは、・・・。

それでは、解説をしてみます。
私は、こんな方法で対応しています。

何度も言うように、私は「数字」が得意な人間だとは
思っていません。ですから、自分が考えられる数字まで
落とし込むのです。単位を換えて割り込んでいくのです。

具体的にお話すると、にっくきライバル会社は5%の還元。
と言うことは、「100分の5」つまり、代金の100分の5を
お客さんに還元しますよ。ということになります。
明らかに消費税分を意識した狙いかと思います。

一方、私たちが還元できる2%を考えた場合、
同じ土俵で表現すると代金の「100分の2」還元しますよ。
と実に微妙な言い回しになります。同じ商品なら確実に
5%還元を選ぶのは、目に見えています。

そこで、考えられる方法が「単位のすり替え」なのです。

100分の2を、約分すると「50分の1」となります。
つまり、50人に1名を無料にするのと全員に2%を還元するのは
総還元額としては、同じものとなるのです。

自分(自社)にとって一番、強い数字をアピールすることは
インパクトのある宣伝広告となります。

ですので、ここでの表現は

「50人に1名無料!全額キャッシュバックキャンペーン中!!」


数字は言葉です。そして、メッセージなのです。

数字は99%の意識と1%の知識です。

      一緒に数字のセンスを身に付けましょう!

【お詫び】

余りにも本文が長くなってしまいメインの「赤福・経営論」が
記載できなくなってしまいました。次回、引き続き書かせて
いただきます。               -あしからず-

※本文の質問は、色々な書籍を参考にして、
 私なりの解釈を解説させていただいております。
 ご了承くださいませ♪



タグ:赤福 経営 お金
posted by イソジン at 23:11| Comment(8) | TrackBack(0) | ねっとで儲ける?損益分岐点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

あなたのお店は何を売るお店?

ご訪問ありがとうございます。

お店を持とう。と思ったときに

「ぜったい売れる」という確信や自信をもつことは大切です。

しかし、何の分析、調査もせずに、自分の勘だけに頼って成功
するほど現状は甘くはないかと思います。

事実、「アクセスが伸びない」「売り上げにつながらない」と
悩むオーナーが多いとも聞いています。

さて、今回は色々な商材の現状を踏まえ、
みなさんのお店では、今から(いま現在)何を売る?のか
再度、確認・見直しをしてみましょう。

まず、以下の5項目をチェックして見てください。

すらすらと答えられれば、問題はなしです。
引っ掛かりが、もし1つでもあるのなら、
今、ここで考え、結果を出しておく事をオススメします♪

1あなたがネットショップで売りたい商品は何ですか?

2なぜ、その商品を売りたいのですか?

3他の商品と比較して、売りたい商品にはどんな特徴がありますか?

4ネットでその商品を売ることのメリットを教えてください。

5その商品の販売について、どんな付加価値をつけられますか?



どうでしたか? 完璧だったでしょうか?

完璧だと思える方は、ここで終わりとなります。

そうでなかった方は、もう少しお付き合いくださいませ。

それでは、ネットショップで”売れる商品”の理由を考えてみましょう。



お客さんの立場で「通信販売で商品を買う理由」を考えてみる。

ネットショップの利便性が、お客さんにとって
どんな恩恵をもたらすかを考えてみれば、分かりやすいかと思います。

例えば、次のような商品はネットで売りやすい特徴をもった
商品と言えるかと思います。

@実店舗の混雑時に購入しなくてはいけないもの。
 (お中元やお歳暮などのギフト商品など)

A遠方に出向かないと購入できないもの。
 (地方特産品や限定品、希少価値の高い商品など)

B定期的に必要なもの。
 (女性のストッキングやペットフード、サプリメントなど)

C他の人に知られずに購入したい品。
 (下着など)

D持ち帰りが不便なもの。
 (屋内ペットのトイレ砂や缶詰など)

E格安で購入できる商品。
 (価格比較が容易に可能)


デメリットをメリットに変える方法がないかを考える

通信販売のデメリットには、実際に商品を手にとって確かめられない、
販売者の顔が見えない、注文から商品が届くまでタイムラグが生じる、
商品代金以外に送料などがかかるといった点があげられます。

みなさんなら、この点をどう対処しますか?
「私の商品なら大丈夫!」と思うほど、
消費者は、あまくないですよ。

例えば、単価の安い商品や、すぐその場で必要になりがちな
日用品の類は販売者からすると売りにくい商品と言えます。

しかし、100円ケーキ1個は売りづらくても、これが10個セット、
15個セットになれば話は別。

商品の実物が見ることができない点も、生地のサンプルを送る、
ページの商品情報を充実させるなどでフォローはできます。

売りにくい商品=売れないわけではありません。

デメリットをメリットに変える工夫ができないか
大いに検討してみましょう。

そして、知らず知らずのうちに販売者側の理論になりがちな、
頭の中を、もう一度、消費者の視点に戻してみましょう。

そうです。あなた自身がお客さまだった時のように。
タグ:お店 売上

2007年11月07日

サイトをつくった人は、すべてアクセスアップ病にかかる

ご訪問ありがとうございます。

-----------------------------------------------------

サイトをつくった人は、
誰もができるだけ多くの来訪者にきてもらいたいと思うでしょう。

そして、あれこれ工夫をする。
いわゆるアクセスアップ対策です。

サイト(ホームページやブログ)をつくったことのあるみなさん?
と言うよりは私自身、見事にこの方程式に
はまってしまった一人なのですが・・・

リンクを張る。検索エンジンへの無料登録。
掲示板へ書き込み・・・・などなど努力してみました。

ですが、私が今まで行ってきた「雑貨ネットショツプ」や
数々のブログの経験から考えてみると、ここに落し穴がありました。

これらのアクセスアップ対策は、
手間ばかりかかって、期待できる売り上げや
本来の人との繋がりにおいては、余りにも非効率だった事です。

しかし、アクセスアップの悪魔は、
私に、こう、ささやき続けるのです。

「もっとアクセスさえあれば、きっと売れるよ。」

「きっと、集客さえあれば君の良さを理解してくれるよ。」

そして、悪魔と私は仲良く同居したまま、
さらなる泥沼にはまって行ったのです。

さて、そんなアホな私ですが、サイトで何かを売りたいのなら、
(例えば、物、自分、情報などなど)そこで最初に必要になる
のは、アクセスアップではない。と、ようやく理解が出来ました。

まず、やるべき事は
自分のサイトを訪れてくれた人に、
興味を持ってもらえるようにすること。

興味を引いて、ドンドン次のぺージを見てもらい
少しでも滞在時間をのばしてもらう事なのだと思います。

ブログで言えば、記事が少ないうちは、
さほど気にならないかと思える
右や左に置かれているカテゴリー分類だけではなく
サイトマップやナビゲーションの設置は
訪問者を逃がさない効果的なツールだと思います。

とにかく「人のココロをつかむ」自分なりの表現を
身につけられれば、天下無敵!

次のステップは簡単で、ショッピングで言えば、
効率的に集客をあげる為には・・・と考えると・・・

例えば、グーグルアドワーズやオーバーチュアなどの
インターネット広告を使えばよいのです。

ここで、ひとつ皆さんに注意して頂きたいことがあるのですが
HP制作会社でよく見られる、アクセスアップの為の
宣伝をアドワーズやオーバ−チュアを始めから
薦めてくる業者には要注意です。
一時的には確かにアクセスは上がります。
しかし、画像やイメ−ジだけでは、長続きはしないのです。

そもそも、売る商品に対して、絶えず効果的な文章があって
始めて物は購入してもらえます。

だからこそ、ブログなどを利用して表現力を
トレーニングしたり、動向を調査したり、
常に感性を磨く努力と時間をさく事は必要なのだと思います。

そして、宣伝費に見合う費用対効果をはかり、
自分なりの表現で訪問者に楽しんでもらえる感触が
つかめれば、いよいよ勝負にでるオススメ時期だと思います♪


最後に、楽天などモール営業の方も
その変の事情(アドワーズなどで失敗したんですと言う方)は
よく把握していて、購買力の高いモールへ是非、出展してみては?
とお誘いも来るかと思いますが、自分なりの表現力がない限り、
お金を沢山だしても思った成果は望めません。

業者へのまるなげは、絶対ダメ!

苦しみながらも、楽しんでいきましょう♪
posted by イソジン at 07:02| Comment(16) | TrackBack(0) | 3秒でお客をつかむサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

素敵なコメントの残し方

ご訪問いただきありがとうございます。

今日は、「コメント」の残し方について
私自身、気づかなかった感動を得たことをお話します。

素敵なブログには、
みなさんもコメントを残して、いきたいな!
という衝動にかられるかと思います。

少なくても私は共感を得たり感動を頂いたりした
場合は、必ずコメントを書くようにしています。

ランキング等に見られる「応援ポチっ!」だけの
コメントは論外でコメントに残す必要性もあまり
ないよいうに感じられるのは私だけでしょうか?

事実、私の別サイトではランキングは上位に
あるのですが本当に見て読んでもらっているのかと
疑問に思う事も多々あり、なんか返って虚しい感が
漂いモチベーションも下がり気味になってしまいます。

そんな中、コメントのちょっとした工夫が
とても素敵に感じられた方がいらっしゃいました。

今、現在、私にコメントを頂いている方は
すでに、ご存知かと思いますが、


『今が頑張り時☆彡 私の起業日記』のlishoさんです。


lishoさんのコメントの書き方は、
よく、メール返信に用いられる用件回答型の文書内抽出です。

つまり、こんな感じ・・・

>○○○○○○  ←と本文内容を抽出

次に、ご自身の感想や考えを書く。

lishoさんが人気があるのも分かる気がします。

何気ない書き方が、ブログを書いている側からすると、
しっかり読んでもらっているんだな。と感じたり
あるいは、文章のこんな所に興味を持ってくれたんだな。
と意識付けられ、その後の内容にも反映されて行くの
だと思います。
そして、そういったコメントを頂いた方には、
より親近感を持って接していくのだとも思います。

これは、ひとつのテクニックと読んでも良い位で
自然に出来る方はきっと「センス」があるのでしょうね。

私は「センス」が、まだまだなので、
受け売りではありますが早速、取り入れるようにしました。

SEOを超えたSEO対策とは、
私はこの様な事を言うのだと思います。

みなさんも、早速取り入れてみては如何でしょうか!?
タグ:コメント SEO
posted by イソジン at 12:29| Comment(7) | TrackBack(0) | 3秒でお客をつかむサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

あなたのサイト評価は、何秒?


ご訪問ありがとうございます。

ところで、あなたが他のサイトに
訪問した時に、興味があるサイトかどうか
何秒で判断しますか?


画像が多いサイトは、雰囲気は伝わりますが
中身が何のサイトか理解するまでに
必ず文字(テキスト)を読むかと思います。

つまり、言える事は文章がそのサイトを評価する
上での最大の武器になっているのだと私は思います。


ある本に、書かれていたのですが
普通の人が読める文字数は、

声に出して読むと1分間に約500字、

黙読したときは約1000字、

速読だと1分間で2500字、多い人だと7万字という人もいます。

さて、話を少し戻して・・・

あなたのサイト評価にかける時間は、何秒?



私は恐らく3秒です。

3秒を少なく思いますか?

私は時間がある時には、ジャンルを問わず
出来るだけ多くの素敵なサイトを探しに
色々、訪問するように心がけています。

その3秒で読めていると思える文字数を
先ほどのデータから割り出してみると・・・

せいぜい30〜50字になります。

実際は、サイトを訪問して要る要らないを判断
するのに要する時間は3秒よりももっと短く、
1秒弱だと言う調査結果も出ています。

つまり、1文か、あるいは1,2語程度を読んで
興味があれば先を読んで、3秒以上そこに留まる。
興味がなければ3秒以内に立ち去ってしまうのです。


と言うわけで、自分のサイトに置き換えて考えてみると
来た人をつかむためには、
まず1文程度のキャッチフレーズが必要となるのです。

----------------------------------------

最後に、このサイトは自分が経験した事や情報を整理して
ノンビリ更新していこうと思い開いたブログなので
今のところランキングには、一切参加しておりませんが
沢山のブログが活発に情報を更新している

ブログ村 は、便利かつSEO対策には有効です。

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by イソジン at 16:22| Comment(6) | TrackBack(0) | 3秒でお客をつかむサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。